初心者ランナーのケガ,膝やふくらはぎ,腰や足裏痛を治そう!

初心者ランナーのケガ,膝やふくらはぎ,足裏痛や腰痛の治し方やケガ予防のフォームをお伝えします。

MENU

初心者ランナーのケガ、みなさんにお伝えしたいこと!

初心者ランナーが、ランニングを楽しく続ける最大のコツは!?

 

そうです、ケガをしないことです!

初心者ランナーが走り始めて最初に経験するケガについて、

まずは足先から簡単にまとめてみました。


ケガは予防するのが一番ですが、なってしまったら、

焦らずにしっかり治してから走りましょう!


ケガの種類とその原因

先ずはケガの内容を知ることが一番です。

そして必要な処置をして治しながら、

同じケガをしない為のフォームを身に付けることが大切です。

 

1.足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

足裏の中心からかかとにかけて、

アーチ状になった部分が痛む症状です。

基本的に「走りすぎ」でよく起こります。

それだけでなく、走る時の着地が不安定な人や、

走る際に重心が後ろへ傾きがちな人に起こりやすいです。

ベテランの長距離ランナーに多く、痛む時はしばらく走れません。

 

2.シンスプリント

骨膜炎(こつまくえん)の一種です。

走り出すとスネの内側の下の部分に痛みを感じます。

ランニングの着地により足の筋力で支えきれない状態が続くと、

痛み出すことが多いです。

ランニング初心者や、急に走る量を増やした時によく起こります。

 

3.脛骨疲労骨折(けいこつひろうこっせつ)

ランニングの疲労骨折として、もっとも多いのが脛骨(スネ)。

原因や痛む部位はシンスプリントと同じです。

シンスプリントは走れないほどの痛みではないので、

そのまま続けてしまうランナーが多いですが、

悪化すると脛骨疲労骨折になり、しばらく走れません。

 

4.腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)

ランニングにより、太ももから膝の外側にかけて痛みを感じます。

筋組織と関節が摩擦を繰り返すことが原因で炎症が起こります。

「ランナー膝」とも呼ばれ、走る量を急激に増やした時に多いです。

O脚の人やランニング時に足の外側に体重をかけがちな人も、

比較的なりやすいです。



今日のポイント

自分の身体は、自分が一番よく解っています。

どこか痛い所があったら・・・そこを良く感じてみましょう!

そして、出来ることを試してみましょう。

次回からは、それぞれのケガについて具体的にお話しますね。


つづく。