初心者ランナーのケガ,膝やふくらはぎ,腰や足裏痛を治そう!

初心者ランナーのケガ,膝やふくらはぎ,足裏痛や腰痛の治し方やケガ予防のフォームをお伝えします。

MENU

初心者ランナーのケガ 足裏痛を治すフォームは?

初心者ランナーのケガ 足裏痛(足底筋膜炎)を治そう!

 

初心者ランナーが悩むケガ、足裏痛(足裏筋膜炎)

前回は足裏痛を治す為のストレッチの方法をお話ししました。

でも・・・「治っても、たくさん走るとまた痛くなるよね。」

そんな風に思っているあなた。

はい、その通りです。

あなたの足の裏が痛くなる根本的な原因が無くならない限り、

また再発する可能性は・・・高いです!

そこで今回は・・・

「そもそも、足に負担の掛からない!ケガのしにくいフォーム」についてお話ししますね。

足の負担が少ない!ケガのしにくいフォーム!

このフォームを覚えると、ケガが少なくなり、

そして沢山走っても身体へのダメージが少なくなります。



足に負担がかかっているフォームとは?

・足でブレーキをかけている!

マラソン初心者は、ランニングをする時、

速く走ろうと頑張って、歩幅を大きくして走ります。

足を前に!前に!出そうとするランナーが多いです。

そのため、着地が、かなり体の前になっています。

体の前で足をつくと、足がつっかえ棒のようになってしまい、

毎回毎回ブレーキをかける事になります。

このブレーキが前に進むスピードをなくしてしまうんです。

そして、この時に負担がかかる筋肉が太ももの筋肉です。

下り坂を走ったことがあるランナーは経験あると思いますが、

下り坂では、少しブレーキをかけながら走らないと、

転んでしまいます。その時一番使うのが太もも前の筋肉です。

太もも前の筋肉は、

足が地面付いた時にブレーキをかける役目をするので、

ブレーキのかかるような走り方は、

太もも前の筋肉を疲労させます。

・地面を蹴っている!

初心者ランナーは、走る時に地面を蹴っている方も多いです。

地面を蹴って走ることは、当たり前と思っていますよね。
でも、地面を蹴って長い距離を走ると、足の筋肉がすぐに疲労してしまいます。
地面を蹴っているランナーの多くは太もも、ふくらはぎの筋肉が多く付いています。(は~い、私もそうです。笑)

マラソン選手を見ると解るのですが、
多くの一流ランナーは、足の筋肉があると言うよりは、
足が細くて綺麗な筋肉が付いていますよね。
これは、足の筋力に頼って走っていない証拠なんです。

地面を蹴って走ってしまうと足の筋肉に負荷が集中してしまいます。こうなると足が疲れて、腰も低い位置のまま走ることになります。すると更に足に負荷が掛かってしまうんです。


足の負担の掛からないフォーム!

 

ではこれを解決するためにはどうすればいいんだろう?

 

操り人形を意識しましょう!

速いランナーは、着地から蹴り出しまでの接地時間が短いです。そんなランナーを見ていると腰の位置が高い位置で動きません。

 

マラソン初心者を見ていると、腰の位置が低い方が多いです。
腰の位置が低ければ低いほど、ベタ足のように接地時間が長くなります。
接地時間が長いと、その分足の筋力を使うことになります。
出来るだけ腰を高い位置にキープしながら走るために、
自分が上から吊られている、
操り人形になったイメージで走ってみてください。


操り人形をイメージするために!


・自分の身体は操り人形だ。
・頭から糸で引っ張られて、空中に浮いている。
・浮いている操り人形がだんだんと下に降りていって、
 足が着くか着かないかの所で走る!
このイメージをもって走ると、
腰が高い位置にキープされたまま走ることが出来ます。
すると、接地時間が短い軽やかな走りが出来るようになりますよ。

重心移動だけで走ろう!


一流ランナーの多くが、楽そうに速く走っているのは、
勝負所以外、足の力をほとんど使っていないからです。
では、どうやって走っているのか?
それは重心移動の力を使って走っています!

 

重心移動で走るイメージ!

・操り人形の意識で立つ。
・身体を一本の棒のイメージで、そのまま前に倒していく。
・身体を支える為に、勝手に足が出る。
・その連続で、身体が前に倒れるイメージのまま、
 足を自分の体の真下に置いていく!

これが重心移動で走っている時のイメージです。

ポイントは、頭と腰の位置がまっすぐのまま、
身体が少し前傾して進んでいくことです!

これに対して、

・足を前に出して、頑張って走っている!
・足で地面を強く蹴っている!
・腰を落として走っている!

 

このフォームで走り続けていると、長い距離が走れないばかりか、大切な時にケガに泣かされるランナーになってしまいますよ。


ランニングフォームは覚えるものではない!?

 

ランニングフォームは、覚えるのではありません。

ランニングをする上で万人に共通の理想的なフォームというのは、実は無いんです。

インターネットや本に色々なランニングフォームが乗っていますが、私達は、みんな身長・体重・筋肉のつき方・骨格が違うんです。


だから一般的に良いとされているフォームが合っている人もいれば、逆に走りづらくてその人の力を出せない場合もあるんです。


プロのマラソン選手の走り方をテレビで見ていても、
みんなそれぞれ個性がありますよね。
毎月何千キロと走っているランナーでさえそうなんです。

「それじゃあ~、どうやって自分に合ったフォームを見つけたらいいの?」

自分に一番合ったフォームは、自分自身が一番知っています。
なぜ、一流ランナーは月何千キロも走り込むのか?
もちろん心肺機能や筋力アップもありますが、一番の目的は、走っている時の動きの無駄をなくすためなんです!


人間は、楽をしたがる動物です。
自分から走りたいと思っていても走っている時は無意識に、
出来るだけ楽に走れる様に身体の動きを調整しています。

走りこんでいると良いフォームが身につくのではなく、
走り始めたばかり頃の、無駄な動きが削られていくだけ。
走りこめば走りこむほど、無駄な動きが洗練されて、
自分にしかない走り方を感じて、身についていくんだと思います。


そのことにより「自分に合ったフォーム!」が出来上がります。

自分に合ったフォームを走りながら作っていく。
これを意識するだけで、ランニングが今よりも楽しくなりますよ。


これが「足底筋膜炎にならない!」フォームの第一歩です!


つづく。