初心者ランナーのケガ,膝やふくらはぎ,腰や足裏痛を治そう!

初心者ランナーのケガ,膝やふくらはぎ,足裏痛や腰痛の治し方やケガ予防のフォームをお伝えします。

MENU

初心者ランナーのケガ、ふくらはぎの痛みを治そう!

初心者ランナーのケガ、ふくらはぎの痛みを治そう!

 

私がランニングを始めた最初の頃、

一番最初に悩まされたのがふくらはぎが吊ってしまうことでした。

頑張って走ったり、長い距離を走ったりすると直ぐに、

ふくらはぎが吊ってしまうんです。

一番の原因は「強く蹴ってしまう!」フォームなんですが、

これがなかなか治らないんです。

そして、ふくらはぎに負担の掛かるフォームで走り続けていると、

最悪の結果・・・肉離れをやってしまうんです(涙)。

ふくらはぎの肉離れとは?

私もとうとうやったしまった、ふくらはぎの肉離れ。

生まれて初めての肉離れでしたが、

正直な感想は「こんな簡単になっちゃうんだあ~。」でした。

ひとつ言えたのは・・・調子の良い時にケガをしやすい!

実際にこの時も「絶好調感」があってスピード練習をした時でした。


「ふくらはぎの肉離れ」とは!?

ランニング中に突然ふくらはぎや太ももなどに激痛がきたり、

足を蹴り出す時に違和感や強い痛みを感じたことはありませんか。

それは肉離れかもしれません。

肉離れはランニングやジャンプなどの運動によって、

筋肉が急激に収縮・伸張された場合、

筋肉の筋膜や筋繊維の一部に断裂をした状態のことを言います。

ランニング時にもっとも多く発生するとされています。

肉離は子供に発症するケースは少なく、

比較的筋肉も骨格も完成段階にある大人に多く起こります。


肉離れの症状には3段階あります。

段階を見極めることが治療には大切なので、

一つ一つ見て行きますね。

・軽症の肉離れ

 部分的に小規模の筋肉断裂が生じている場合で、
 痛みはありますが自力の歩行が可能です。

 

・中症の肉離れ

 筋繊維の一部断裂、筋膜の損傷、皮下出血が発症し、
 自力歩行が難しくなってきます。

 

・重症の肉離れ

 筋繊維に部分断裂が深く発症し、
 患部を指で押すと陥没が確認できます。
 この段階になると自力歩行はほぼ不可能となり、
 激痛を伴うようになります。

 重症の場合は、すぐ病院へ行きましょう!


ふくらはぎの肉離れでは大きな内出血を起こすケースが多くあり、

肉離れを発症した翌日にはアキレス腱付近にまで広がる事も。

症状としては動作中に電撃痛が出現し、

動作の続行が不可能になります。

プチッという音や筋肉が切れた感覚を受けることもあります。

私も、「ピキッ??」という音が聞えた感じがしました。

 

ふくらはぎの肉離れをもっとも発症しやすい部位は、

ふくらはぎの筋肉のひとつである腓腹筋の中でも内側です。



ふくらはぎの肉離れの処置と治し方!

 

またふくらはぎの肉離れはもっとも再発しやすいのです。

肉離れを実際に発症してしまった場合は、

まず焦らずに症状を確認することが必要です。

重症でないと判断した場合は、まず応急処置を行います!

肉離れを発症下時点では筋細胞の部分的な断裂によって内出血を伴うことがほとんどなので、肉離れではこの内出血を迅速に抑制する必要があります。

多少動ける程度の軽度な肉離れだとしても運動はただちに辞め、
アイシングをしましょう。

患部を冷やすことで血管の流れが鈍くなり、
患部への血液の過度な集中を抑えることができます。
血液は大量の酸素を必要としますので、
一点に集まりすぎると正常な細胞も酸欠を起こし死滅していきます。
肉離れではこの正常な細胞の死滅を防ぐことがポイントです。

アイシングを行うには氷嚢があると便利です。
アイスパックがない時はビニール袋に砕いた氷を入れ、
薄いタオルを氷嚢の表面に巻いて使用するようにしましょう。

応急処置を終え、内出血の発生が治まってきたらアイシングから温熱療法などの患部を温める治療を行います。応急処置では肉離れの症状の拡大を阻止し、その後温めることによって回復を図っていきます。

肉離れは筋繊維に微小な部分団裂を起こす障害であるため、
肉離れを発症した部位の筋繊維周辺は発症後2・3日程度、強い炎症を発症します。


完全に回復していない状態で運動を再開すると再断裂を起こす可能性も高く、特にランニング中に起こりやすいふくらはぎは、
肉離れの中でもっとも再発の可能性が高い部位ですので注意が必要です。

肉離れを起こしてしまったらまずは速やかに応急処置を行い、
患部を温めながら血行を促進し、回復させていきましょう。

肉離れは再発を防ぐことが一番です!

 

私は明らかに重症でした。

整形外科に通院して、普通に歩けるまでに4週間

(2週間は松葉づえ)、練習再開が6週間後。

実際に元のペースに戻るまでは8週間(約2か月)掛かりました。

でも、しっかり治したので再発はありませんでした。

焦らずに、リハビリランも含めてじっくり治していきましょう!


次回は、ふくらはぎ痛を防ぐ方法をお話ししますね。

つづく。