初心者ランナーのケガ,膝やふくらはぎ,腰や足裏痛を治そう!

初心者ランナーのケガ,膝やふくらはぎ,足裏痛や腰痛の治し方やケガ予防のフォームをお伝えします。

MENU

初心者ランナーのケガ、ヒザの痛み・鵞足炎の原因と治し方!

初心者ランナーのケガ、ヒザの痛み・鵞足炎の原因と治し方は?

 

初心者ランナーに多いケガ・・・ヒザの痛み!

ランナーズニーに次いで多いのが、鵞足炎です。

 

特徴は・・・ヒザの内側が痛~い!です。

そして、ランナーズニー(腸脛靭帯炎)に比べ、

身体のクセが原因で起こることが多いです。

 

病院で、「鵞足炎」と診断され、「鵞足炎ってなに?」

走りすぎって言われたけど、

どうして他のランナーは痛くならないの? 

そんな疑問を抱く仲間が多いです。

 

ここでは鵞足炎の原因や、治し方をお話ししますね。



鵞足炎ってどんなケガ?

 

鵞足炎はひざの筋肉からの悲鳴!を上げている。

鵞足炎は、ひざの内側が痛みます。

ヒザの内側には、縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はっきん)、

半腱様筋(はんけんようきん)という3つの筋肉があり、

その部位の筋肉が「鵞鳥の足」のような形をしていることから、

そこを「鵞足」と呼んでいます。

そして、この鵞足とひざの骨が擦れることにより、

痛みが発生します。



具体的な症状

ひざの内側、ひざのお皿の裏の辺り、奥深くが痛む。

ひざが引っかかる感じや、ロックされている感じがする。

痛みのあるところに、腫れがあったり、熱をもった感じがする。

これらの症状が1つでもあてはまる場合は、

鵞足炎の可能性が高いです。

鵞足炎の、日常生活の動きでわかるポイント


階段の上り下り、さむい日に歩く、正座の姿勢。

落ちたものを拾うときなどの、しゃがむ動作。

ぐっとひざを伸ばしたとき、

歩いていて急な方向転換をしたとき、あぐらの姿勢、ジャンプ!

鵞足炎の痛みは、走るだけでなく、

このような動きででることが多いです。

 

いまの姿勢や動きを見直し、あなたのからだにとって正しい姿勢にしていくことで、鵞足炎は治ります。

鵞足炎がおきる原因の一つは姿勢


この鵞足炎の原因となる姿勢は、大きく分けて4タイプあります。

あなたがどのタイプなのかは、屈伸で判断出来ます。

まずは、その場で屈伸をしてみてください。

変に意識をしたり、力をいれることなく、

いつもあなたがやっている屈伸をおこなってください。

そのとき、あなたのつま先とひざはどちらの方向に向いているでしょうか?

1.ひざが外側向き、つま先も外側向いている。

2.ひざが内側に入り、つま先も内側を向いている。

3.ひざが外側向き、つま先は内側を向いている。

4.ひざが内側に入り、つま先は外側を向いている。

あなたはどのタイプでしたか?

実は、鵞足炎がおきてしまう原因に普段の「つま先の向き」と
「ひざの向き」が大きく関係しているんです。

 

これらの4タイプはどれにしても、
筋肉に負担がかかり、からだが疲れてしまったり、
鵞足の筋肉と、ひざの骨がこすれあったり、
筋肉のひっぱりを強くしてしまい、
筋肉が休むよゆうがなくなってしまうことから、
鵞足部がたえられなくなり、痛みがでてしまいます。

普段の姿勢を意識するだけで、鵞足炎は改善できる!

 

鵞足炎の改善ポイント!

 

まずは、ひざと足の向きをまっすぐにすること!

屈伸するとき以外にも、階段ののぼりおり、歩くときなど、

普段からひざとつま先が真っ直ぐになる様に意識してください。

そして、ヒザの周りのストレッチやマッサージをして、

とにかく筋肉を柔らかく保つことを心がけて下さ~い!


つづく。